あなたが知りたい、いろんなジャンルのプロフィール

いろんなジャンルのプロフィールや情報などを紹介しています。

kinki kids 未満都市が復活!20年ぶりのドラマボクらの勇気未満都市他の出演者は?

kinki kids 未満都市が復活!20年ぶりのドラマボクらの勇気未満都市他の出演者は?について書いてみました。KinKi Kidsが20年前に主演したドラマが、デビュー20周年特別企画として2017年この夏に復活することになりました。

 

「20年後またこの場所に集まろう!」と最終回のドラマ放送で終わった1997年!

 

『ぼくらの勇気 未満都市』(ぼくらのゆうき みまんシティ、MIMAN CITY)

 

ジャンル:連続テレビドラマ

放送期間 :1997年10月18日 ~12月20日(合計10話)

放送時間 :毎週土曜日PM21:00 ~ 21:54(54分)

キャッチコピー:「ぜんぶ、なくなった。 みんな、きがついた。 やっと、きがついた。」

制作:局 日本テレビ

演出:

・堤幸彦(つつみ ゆきひこ)

・池田健司( いけだけんじ)

脚本:

・遠藤察男(えんどう さつお)

※※テレビドラマ、映画の脚本家、放送作家、作詞家、漫画原作者

・小原信治(おばら しんじ)

※脚本家・放送作家。 現在、株式会社オフィスクレッシェンド取締役。 青葉薫名義で映画『種まく旅人〜みのりの茶〜』以降、シリーズの映画原案も提供

プロデューサー:

・櫨山裕子(はぜやま ひろこ)

※<日本テレビ放送網所属>現在、制作局専門局次長兼ドラマ担当統括プロデューサー

 

字幕 字幕放送

データ放送 番組連動データ放送

オープニング KinKi Kids「愛されるより 愛したい」

 

出演者及び役どころ

・堂本光一(ヤマト/役)

主人公、正義感の強い熱血漢18歳高校生。親友のキイチの身を心配して、1人で幕原へ向かう途中でタケルと出会い、国家絡みのトラブルに巻き込まれる。性格は神経質で几帳面だが、友人の為に命懸けで薬を調達したり、ケガ人を見捨てておけないなど、優しい心の持ち主。彼のおかげで「奪うか奪われるか」がルールだった不法地帯の幕原を大きく変えていき、徐々に信頼されるリーダーとなっていく。そして、物語終半では彼を総大将として仲間達を率いて真実を隠蔽する政府に対し宣戦布告し激闘を繰り広げる。

 

・堂本剛(タケル/役)

もう一人の主人公同じく18歳。関西弁まじりのおせっかいで世話焼きの現実主義者でムードメーカー。怒る仲間をなだめたり様々な作戦を練りさりげなく支える参謀役。表向きはボランティア目的だが、実は幕原に住んでいた姉を探しに来た。とあるアクシデントからユーリが女であることを意識してしまい、彼女の気持ちを知りながらも密かに恋心を抱き、またレイジという青年と出会い、彼のギターと歌(劇中歌「風のない街」)を受け継ぐ。

 

・宝生舞(ほうしょう まい)(ユーリ/役)
少年達の中で唯一拳銃を所持し、周囲に恐れられているヒロイン。食料を確保できない小さな子供達のために拳銃を使い食料を確保ている正義感溢れる複雑な役どころ。周囲に舐められないように男装し「俺」と言う。優しくて皆の面倒をよくみるが言葉遣いが悪く、ぶっきらぼうな性格。主人公のヤマト達と対立しているが、様々な事件を経て強い信頼関係で結ばれていく。暴力から自分を庇ったヤマトに惹かれていくが、タケルの好意には終盤まで気づかない。。ヤマト達が幕原から解放される僅か一日前、ヤマト達の目の前で20歳を迎えてしまい、息を引き取り物語の結末を知ることは出来なかった。

 

・松本潤(モリ/役)

ヒロイン”ユーリ”と行動を共にする、イジメの対象にもなる気弱な少年。幕原の少年たちの中でもいち早くヤマト達に懐く。ヤマトやタケル達一行と行動を共にすることで、たくましく成長していく。ヒロインの”ユーリ”を信頼しており、またユーリも彼の行動や危機に際し動き、結果として彼女とヤマト達が和解するきっかけとなる。政府との決戦時も最後までヤマト達と行動をともにする。

 

・相葉雅紀(アキラ/役)

当初はリュウのグループの一員であったが、やがてリュウの行動に嫌気が指しヤマト達の元へ舞い込んできて政府との決戦時にも最後までヤマト達と行動をともにする。

 

・矢田亜希子(スズコ/役)
ヤマトの恋人。幕原の外からヤマトの身を案じていたがヤマトが生きていると確信し、単身幕原へやってきた。当初は外の話やユーリに対し嫉妬したりしていたが、少しずつ解けこんでいく。

 

・白竜(柴崎/役)
幕原地区対策本部長長官。常々少年達から反感を買っているが、ヤマトの申し入れに応え独自で食糧を供給するなど、理解を示す面も見せる優しい面もある。
次官

・石丸謙二郎(森岡/役)
白竜が演じる、柴崎の後任の対策本部長長官。冷酷非道な人物。気温によって死滅していったウィルスを政府の手柄にしようともくろむ。ヤマト達が政府に対し宣戦布告を施したさいには徹底抗戦を宣告した。

 

他、

 

・ 加納典明

・小原裕貴

・徳山秀典

 

ゲスト出演: 彦摩呂(テレビ局のプロデューサー/役)

 

 

まとめ

2017年夏放送予定の、「ぼくらの勇気~未満都市」(日本テレビ系)は、スペシャルバージョンとして復活させ、演出を堤幸彦監督が担当し、プロデューサーは櫨山裕子(はぜやま ひろこ)さんをはじめとする20年前と同じ強力なスタッフ陣で構成され日本テレビが総力を結集して取り組むとしています。

なお気になる他の共演者については今後発表されて行くとのことです。