あなたが知りたい、いろんなジャンルのプロフィール

いろんなジャンルのプロフィールや情報などを紹介しています。

石岡瑛子とは?世界を魅了し時代を超えた革命的デザイナーの画像とプロフィール

石岡瑛子とは?世界を魅了し時代を超え革命的デザイナー石岡瑛子の画像とプロフィール、エピソード等について書いてみました。石岡瑛子さんは、1970年代日本の企業広告の第一人者ともいえ、その後拠点を海外に移してからもアカデミー賞やグラミー賞を受賞、ロードウェイ公演のミュージカル「スパイダーマン」の衣装を手がけるなど国際的にも非常に高い評価を得たコスチュームデザイナー兼アート・ディレクターです。

 

誰にもまねできない!革命的!時代を超えるデザイン!高い理想を掲げ挑戦し続ける、1ミリにまでこだわったプロ魂!

 

石岡瑛子のプロフィール

「石岡瑛子画像」の画像検索結果

名前:石岡瑛子(いしおか えいこ)

生年月日:1938年7月12日

2012年1月21日没(73歳)

出身地: 東京都

職業:コスチュームデザイナー兼アート・ディレクター

配偶者: ニコ・ソウルタナキス (2011年 ~ 2012年)

 

主な作品

・ブロードウェイミュージカル「スパイダーマン」(2012年)/衣装

・白雪姫と鏡の女王 (2012年) /衣装デザイン  

・インモータルズ 神々の戦い-(2011年) /衣装デザイン  

・落下の王国 (2006年) /衣装デザイン  

・ザ・セル (2000年) /衣裳デザイナー  

・ドラキュラ (1992年)/ 衣裳デザイナー  

・クローゼット・ランド (1991年) /衣裳デザイナー  

・MISHIMA (1985年)<未> /プロダクションデザイン  

・午前中の時間割り (1972年) /美術

 

経歴

広告・デザインにおける写真表現の開拓に1960年代から意欲的に取り組んでいた石岡 瑛子(いしおかえいこ)さんは、東京芸術大学美術学部を卒業後、ファッションビル「PARCO 」 を展開する日本の企業である株式会社パルコをはじめ、角川書店、資生堂など有名大手企業の広告を手がけるなど、日本のグラフィックデザイナー、アートディレクターとしてはトップクラスの人として活躍していました。

そして、ファッションビル「PARCO 」 (株式会社パルコ)の”春キャンペーン”「宿愚連若衆艶姿(ヤサグレテアデスガタ)」や吉祥寺パルコオープン、、写真家レニー・リーフェンシュタールの「NUBA展」トータルディレクション、など手がけ一躍日本で有数のグラフィックデザイナーとして有名になります。

 

 

 

拠点を海外へ

しかし40代前半プロフェッショナルとして最高の仕事をこなすノリにノッていたこの頃、国内全ての大仕事を終えた直後の、1980年12月、これまでのほぼすべての仕事・活動を突然ストップし、2年間大学に留学するために単身ニューヨークへ向かいました。

その決断に、首をかしげる人も多かったといいますが、このステップがのちの彼女にとって大きな飛躍につながることになります。

活動の拠点をニューヨークに移した後は仕事の幅を広げ、映画界や音楽界においても第一線で活躍します。

1985年にアメリカで公開されたPaul Schrader(ポール・シュレイダー)監督の「MISHIMA: A Life in Four Chapters」では美術監督を担当しカンヌ映画祭芸術効果賞を受賞。

Miles Davis(マイルス・ディヴィス)の晩年の傑作として知られるアルバム「TUTU」のアルバムパッケージデザインを手がけ、グラミー賞最優秀アルバムパッケージデザイン賞を獲得。

1992年、Francis Ford Coppola(フランシス・フォード・コッポラ)監督作「Bram Stoker's Dracula(ドラキュラ)」でアカデミー最優秀デザイン賞を受賞。

ブロードウェイ演劇「M.Butterfly」では、トニー賞最優秀舞台デザイン、最優秀衣装デザイン賞を獲得。

2008年には北京オリンピックの開会式でのコスチュームデザインを担当します。

日本国内では2005年に、「学術芸術上の発明改良創作に関し事績著明なる者」に授与される紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受賞しています。

晩年も海外を拠点とした活動を続け、自身がコスチュームデザインを手がけたブロードウェイ・ミュージカル「スパイダーマン」や、ジュリア・ロバーツ)出演の実写版白雪姫「Mirror Mirror(ミラー ミラー)」でも衣装を手がけてアメリカでトップクラスのコスチュームデザイナー兼アート・ディレクターとして有名でした。

 

2012年1月21日惜しまれつつ亡くなった、石岡瑛子 死去のニュースはニューヨークタイムス誌をはじめワシントンポストなど国外メディアの一面トップ記事で報じられ多くの彼女ファンが悲しみにくれたとしとています。

 

 

時代を超えろ!革命を起こせ!

 
誰にもまねできない(original)革命的(revolutionary)時代を超える(timeless)

ニューヨークを拠点に、世界中の観客を魅了するデザインを生み出し続ける石岡瑛子。常に3つの言葉をマントラのように唱えながら仕事に向かう。誰にもまねできない、革命的、そして時代を超えるデザイン。数々の栄誉を手にしてきた石岡だが、それでも決して守りに入らず、高い理想を掲げて挑戦し続けている。


1ミリが、世界を変える

ハリウッド映画やブロードウェイミュージカルで、数多くのコスチュームを生み出してきた石岡。そのデザインは、徹底的に細部までこだわって磨き上げられている。わずか1ミリの違いが、全体の印象を決定的に変えると信じているからだ。「きちんとした仕事は、全体の仕事を緊張に導くし、だいたいパフォーマー(演技者)自体が違いますよね。良いものをあてがうことによって、百倍くらい演技に対する関わり方が違うと思うんですね」。

すべてのデザインには“意味”がある

石岡のデザインは、ただ美しいだけではない。デザインが登場するシーンの意味、デザインを身にまとうキャラクターの人格。石岡は、それらを緻密(ちみつ)に計算してデザインに盛り込む。強いメッセージ性を持っているがゆえに、石岡のデザインは強烈なインパクトで観客を一瞬のうちにとりこにするのだ。

 引用:

http://www.nhk.or.jp/professional/2012/0130/