あなたが知りたい、いろんなジャンルのプロフィール

様々なジャンルのプロフィールや芸能・スポーツ・経済・新商品など、気になるニュースを配信中!

iPhone(X・8)とXperia(エクスペリア)あなたはどっち?基本的違いを徹底比較!

iPhone(X8)とXperia(エクスペリア)あなたはどっち?基本的な違いを比較してみました。新型のiPhone(X・)がいよいよ発売されることとなったようですが、その対抗馬として日本国内で最も人気の高いモデルと言えばAndroidの最強モデル、新型iPhone(X)との激しい競争が予想されるXperiaの最新フラッグシップモデル、「Xperia XZ Premium」「Xperia XZs」が大きな話題になっています。XperiaとiPhone(X)の基本的な違い、また両スマホの独自のいいところと悪いところなど比べみたいと思います。

 

着々と新機能を搭載して行くスマートフォン!しかし毎年発売させるため劇的な変化というより毎年少しずつ進化・・・というのも事実

 

iPhoneの良いところと悪いところ

iPhoneの良いところ

(1).使い勝手が良い

使い勝手の良さ、説明書などを読まずに直感で使いこなすことができ、驚くほどのスムースさでサクサク動く事が一番のオススメ!本体及び各パーツ、ソフトウェア等全てのものが自社で開発しているところが最大の強み。

(2).安定したOS

独自開発の安定したiOSを搭載しているため、反応が良く早いのでストレス無く動作します。Androidを搭載するXperiaのようにフリーズしたり、勝手に再起動されるっていうことはほとんどありません。またiOSなどの色々な不具合が起こっても、アップデートスピードが速くて、すぐに解決することができる。

(3).OSのアップデートが速い
Xperiaと違って、iPhoneのOSはAppleがアップデートを リリースすれば直ぐに全員がアップデートすることが可能。また機種が古くても、最新機種と同じOSをインストールすることができます。例えば、iPhone 4S/ 5/ 5c/ 5s /iPhone 6/6 Plusユーザーは、iPhone 6s/ 6s Plusとほぼ同じ時リリースされて、さまざまな新機能が追加したiOS 9にアップデートすることができるというのiPhoneの特徴といえます。

(4).iPhoneはアイテムが圧倒的豊富

日本ではiPhoneユーザーがとても多いため、iPhone専用のアクセサリーやガラスフィルム、ケースなどが豊富に製造されており選べ放題。また、友達と同じアプリで楽しんだり、使い方を教えあったりすることが可能。

 
iPhoneの悪いところ

(1).SDカードが利用不可

内蔵メモリの容量がいっぱいになってきてもSDカードが使えないためその点はAndroidより不便。アプリを入れるたびに、容量は減り、バッテリーも減ります。最悪の場合は、アプリを削除したり、データを消したりなどして空き容量を増やさないといけない。iPone 7では16GBモデルは廃止!最小モデルは32GBからになって、ラインナップは32GB/128GB /256GBになっています。

(2).バッテリー容量が小さい

バーテッり容量は例えば、iPhone7のバッテリーが1960mAh、iPhone7 Plus が2900mAhである。鮮やかな高精細ディスプレイを搭載しているわりにバッテリーの容量がついていってない。

(3)

衝撃に弱い。アンドロイドに比べ故障はほとんどないと言われていますが、落とした等の破損の絶対数はiPhoneのほうがダントツ多い。

 

Xperiaの良いところ、悪いところ

Xperia の良いところ

(1).優れたカメラ機能

Xperiaの最大の特徴はカメラ機能で、ほかのスマホが比べにならないほど優れたカメラを搭載しています。2014年に発売されたXperia Z3は、トータルで見て、ほぼ同時期に発売されているiPhone 6 Plusをはるかに上回ります。具体的に言えば、Xperia Z3は進化した手ブレ補正機能やハイレゾ音源(*1)など1/2.3型、約2,070万画素のイメージセンサーExmor RSR(エクスモア アールエス) for mobile、画像処理エンジンBIONZR(ビオンズ) for mobile、広角撮影が可能な焦点距離25mmの新しいGレンズなど、ソニーのカメラ技術をフルに搭載し、圧倒的な描写力を実現しています。さらに、Xperia史上初のISO12800の高感度撮影対応や、電子式手ブレ補正機能の一層の進化により、これまで以上に薄暗い場所でもノイズを抑えた静止画や手ブレを抑えた鮮明な動画の撮影が楽しめ、そして、新しいXperia Xシリーズではソニーのデジタル一眼レフカメラ“α”のエンジニアと共同で開発を行った高機能、「Predictive Hibrid Auto Focus」機能、「Exmor RS for mobile」を搭載。1/2.3 F値2.0 先読みハイブリッドAF対応。
そして、2017年発売の新機種Xperia XZ Premiumもカメラ機能が大幅に強化されました。新開発のExmor RS for mobileセンサーを搭載し、スマートフォンとしては世界初をうたう最大960fpsのスーパースローモーション撮影に対応する。さらに、先読み撮影に対応し、自動的に4フレーム分の画像をバッファリングすることで、シャッターが押される直前の画像も記録。シャッターチャンスを逃しにくくなっています。画素数は1900万素/1300万画素です。

(2).大容量バッテリー

Xperiaは大容量のバッテリーを搭載、さらにソフトウェアはSTAMINAモードの採用により、飛躍的に電池持ちが向上しています。アプリをたくさん入れて常用しても相当持ちこたえてくれます。

Xperia Z3のバーテッリー容量は3100mAhで、iPhone 6のバーテッり容量は1,810mAhです。そして、Xperia Xは2620mAhで、Xperia formanceは2700mAhで、XAは2300mAh、Xperia XZ Premiumは3230mAhで、大容量バッテリーが特徴の一つです

(3).最先端の防水防塵機能

Xperiaシリーズは防水防塵機能も充実しています。前面も背面もガラスなのが少し不安要素ですが、他のスマートフォンよりタフなことで有名です。濡れた手で触っても全然平気、お風呂場でも気兼ねなくフルセグでテレビを見ることも勿論可能。Xperia XZ Premiumの防水/防塵の保護等級は、防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)となっていて、水没に対する保護機能では、連続的に水中に置いても有害な影響がないという最高ランクの防水性能となっています。対するiPhone 7・7 Plusは、iPhoneとしては初めて防水・ 防塵性能をサポートしたモデルで、「IP67」というレベルの防水防塵性能があります。つまり、最高ランクの防塵機能と、最高から2番目の防水機能が備わっているということがその違いで、iPhoneよりXperiaの方が耐久性が高いと言ってもいい。

 


Xperiaの悪いところ :

(1).4Kビデオの不具合

4Kビデオ撮影が途中で止まってしまうことが珍よくある。他の機種でもこういう症状はあるのですが、3分足らずで止まるのは早すぎます。Z3では発熱が抑制され、10分は撮れるようになりました。

(2).Xperia XZ Premiumのカメラ歪み

レンズに起因している部分が大きいのですが、このXperia XZ Premiumは、撮影した画像が著しく歪むというカメラ歪み問題で国内外で以前よりユーザーから不満を招いています。

(3).機能が多すぎ使いにくい

現実にはなくてもこまらない機能が多すぎてい機械が苦手の人には使いづらいかもしれません。


(4).OSのアップデートが遅い

GoogleがOSをアップデートしたとしても、実際にスマホに搭載されているOSはメーカーがカスタマイズしているため、メーカー側が開発を進行しなければアップデートはされないことになります。Googleが開発したAndroid OSを搭載しているXperiaはiPhoneの様に一斉に全員がアップデートをできるというわけではないのです。

 

まとめ

各自のメリットとデメリット、 iPhoneとXperiaを比較してみましたが、XperiaはXperiaならではの魅力と使い勝手のよさがあり、iPhoneにはiPhoneだからこその魅力と使い勝手のよさがありXperiaを持ってる方はiPhoneも羨ましいし、 iPhoneを持ってる一部の方はXperiaもいいという話もあるようです。それぞれいいスマホであることは間違いないので自分にあった機種を選び楽しいスマートフォンライフを満喫していただけたらと思います。