あなたが知りたい、いろんなジャンルのプロフィール

様々なジャンルのプロフィールや芸能・スポーツ・経済・新商品など、気になるニュースを配信中!

上田利治氏の画像と経歴、プロフィール、日本球界では異色のキャラだった伝説の名監督に迫る

上田利治氏の画像、プロフィールと経歴、日本球界では異色のキャラだった伝説の名監督について書いてみました。上田利治さんは、日本のプロ野球”阪急ブレーブス”(現在はオリックス・バファローズ)の監督として指揮を執り、日本シリーズでは3度の優勝を果たすなど、独特の采配と異色のキャラでしられた監督で退任後は関西で野球解説・評論家として活動をしていました。

 

日本シリーズ3連覇、阪急黄金時代を築いた伝説の名将!日本プロ野球史上に残る名監督の一人

 

上田 利治氏のプロフィール

「上田 利治」の画像検索結果

国籍:日本
出身地 :徳島県、海部郡(かいふぐん)、宍喰町(ししくいちょう)

※(現在・海部郡、海陽町))

生年月日 :1937年1月18日

※ 2017年7月2日(満80歳死去)
身長:177cm
体重 :71 kg

 

<現役時代の情報>
投球:右投げ

打席 :右打
ポジション: 捕手
プロ入り 1959年
初出場 :1959年4月22日
最終出場 :1961年10月17日(後に現役引退)

 

<経歴>
徳島県立海南高等学校
関西大学
広島カープ(現役): 1959年(昭和34年) ~1961年(昭和36年)

 

<監督・コーチ歴>

広島カープ:1962年(昭和37年)~1969(昭和44年)

阪急ブレーブス(現オリックス):

1971(昭和46年~1978(昭和53)・

1981(昭和56年)~1990(平成2年)

日本ハムファイターズ: 1995年(平成7年)~1999年(平成11年)

 

名監督経歴

小さい頃から野球が好きで、小学4年生の時にお父さんからグローブを買ってもらったことから野球に熱中、高校・大学と野球を続けます。野球部でキャプテンとして活躍する一方、勉強でも常にトップクラス、真面目で優秀で情にも厚い、とにかくいい男だったと当時から人望がありまさにリーダーになるために生まれてきたような人でした。

 

大好きな野球を続ける一方で、プロ野球の選手になることなどは全く考えていなかったそうで、元々は弁護士になりたくて、関西大学法学部を一発で合格します。しかし

高校時代の実績を買われ大学でも野球を続け3年連続して全国大会に出場し、日本一の栄冠にも輝き、関西大学野球部のまさに黄金時代を築きあげました。    

しかし目標はあくまでも弁護士になることだった上田さんはプロ野球選手になることには全く消極的だったのですが、当時の広島カープのオーナーだった”松田恒治”氏の熱心なアプローチに負け1959年(昭和34年)22歳の時に広島カープ入団します。ちなみにシーズン開幕前のキャンプに六法全書を持ち込んだという話は今でも有名な話となっています。

 

選手としては全くの無名

当時の広島カープのオーナーだった”松田恒治”氏は、上田さんの選手としての能力よりは指導者としての能力しっかりと見抜いていました。彼は元々独特のずば抜けた野球理論を持っていたひとで、松田オーナーは最初から選手としてではなく指導者としての才能を買っていたのです。25歳の若さで現役引退後はその屈指の野球理論や卓越した指導力を買われて広島のコーチに就任します。

 

 

パ・リーグの低迷期を盛り上げた名将

広島カープで9年間のコーチを務めた後は1971年(昭和46年)、34歳で阪急ブレーブスのコーチに就任し、1974年には37歳の若さで監督に就任します。そして、監督就任後わずか2年で阪急を日本一に導く熱血指導振りを発揮し球界の話題となります。そして

山田久志、足立光宏などの強力な投手陣や盗塁王の福本豊など、当時の野球界でスーパースターとなる選手を育て上げ、3年連続して阪急を日本一に導き名将ぶりを発揮するのです。

 

一方、1978年(昭和53年)の日本シリーズ、対ヤクルト戦ではプロ野球史に残る1時間半にもおよぶ大抗議をし話題を呼びます。

ポールに当たってホームランと判定されたヤクルト・大杉選手のうった打球がファールと思いきやポールに当たってホームランと判定され抗議を繰り広げましたが結局、判定は変わることはなく、ヤクルトが優勝、日本一になります。この日、上田監督は回りの反対を押し切って自ら責任をとり監督を辞任してしまいました。

 

まとめ

上田監督の持論について各選手は皆こういっていました。

「上田さんはグランドでは非情に厳しかったが、私服になると放任主義だった。だからこそ選手は裏切るような行動もしなかった。何よりも自らが行動で示した野球への情熱が自分たちにとてつもないパワーを与えてくれた」と。誰にも負けないほどの野球愛を持った上田さんが日本球界に残したものは非常に大きく名将のご冥福を心からお祈りしたいと思います。上田元監督大変お疲れ様でした。