あなたが知りたい、いろんなジャンルのプロフィール

様々なジャンルのプロフィールや芸能・スポーツ・経済・新商品など、気になるニュースを配信中!

栃ノ心の画像と経歴、実は不運の連続だった相撲人生から奇跡の復活を遂げた男の素顔とは?!

栃ノ心画像経歴、実は不運の連続だった相撲人生から奇跡の復活を遂げた男の素顔とは?!について書いてみました。横綱陣が脱落していく中、只一人黙々と快進撃を続け、優勝を目指す超マジメな、外国人力士”栃ノ心”。しかし苦節10年、2016年に初めての新関脇となった”栃ノ心”ですが、しかしこの”栃ノ心”という力士ほど浮き沈みの激しい波乱万丈な相撲人生を送った力士は過去にいないだろうとも言われているのをあなたはご存知でしょうか?今回は、2018年初場所で快進撃を続ける”栃ノ心”の素顔についてスポットを当てて見たいと思います。

 

入門前は相撲の事など全く知らなかったずぶの素人、しかし強くなりたいという気持ちが人一倍強くその為の努力を一切惜しまない、正統派相撲を目指すマジメなファイター!!

 

”栃ノ心”のプロフィール

「栃ノ心画像」の画像検索結果

名前:栃ノ心 剛史(とちのしん つよし)

本名:レヴァニ・ゴルガゼ

生年月日:1987年(昭和62年)10月13日(30歳)

出身地 :ジョージア国・ムツケタ市

※ジョージア 国は、ソビエト連邦の構成国でしたが、1991年(平成3年)に独立。この国の事を日本では以前”グルジア”と呼んでいましたが、現在はジョージアと呼んでいます。

身長 :192.0cm

体重: 177.0kg

血液型:AB型

星座:てんびん座

血液型:AB型

家族:妻、(2015年6月結婚)・娘

しこ名(力士名):栃ノ心剛史

所属部屋:春日野部屋

初土俵(デビュー):2006年(平成18年)19歳の時、3月場所で初土俵を踏みます。

番付:関脇

 得意技 :右四つ・上手投げ

改名歴 :栃ノ心 剛 → 栃ノ心 剛史

 

経 歴

栃ノ心は、来日して相撲を始める前は地元ジョージア国(旧グルジア)で小学生になるころには柔道とそしてジョージア国(旧グルジア)伝統の格闘技、式武術”チオダバ”を始めます。弟もまた同じく相撲と柔道の強豪選手だったのですが、兄である”栃ノ心”の練習に対するストイックさにはとてもかなわないと言わせるくらい、”栃ノ心”の強くなりたいという気持ちから来る練習の量はハンパなものではありませんでした。

 

さらにソビエト連邦で開発された、戦場で相手の命を奪い、また自分の命を守るためのものでもある軍隊格闘術、”サンボ”という格闘技も経験し厳しい練習をつみ習得します。さらに”栃ノ心”は、軍隊格闘術サンボでヨーロッパ王者になったこともある実力派の格闘家でもありました。

 

不運の連続だった”栃ノ心”の相撲人生

 

2018年の初場所では横綱が停滞しているなか一人”栃ノ心”だけが自分の相撲を取り続け、好成績を残し絶好調をキープ、相撲ファンを魅了しています。

 

 

しかしそんな”栃ノ心”ですが、反面”栃ノ心”という力士ほど浮き沈みの激しい波乱万丈な相撲人生を送った力士は過去にいないのではないか?とも言われています。

 

力士生命の危機を乗り越え奇跡の復活

”栃ノ心”は元々運動神経は抜群な上に練習に対してはとてもマジメ、ファイティングスピリットの凄い力士で、しかも小学校の時から、柔道や格闘技などを習得していました。

 

 

2006年(平成18年)19歳の時、3月場所で初土俵を踏み、日本の大相撲界にデビューして以降順調に出世し、2007年11月場所では東幕下筆頭で勝ち越しを決め、ジョージア国(旧グルジア)出身力士では”黒海”以来2人目の関取となりました。

 

 

翌2008年1月場所では、十両西12枚目で12勝3敗の成績を収め新十両で優勝、翌3月場所では9勝6敗の成績を残し、十両を2場所で通過。5月場所で初土俵から13場所と史上10位タイのスピード記録で新入幕を果たし、その後順調に 小結まで昇進していきます。

 

しかし、2013年(平成25年)7月11日、”栃ノ心”26歳の時 対、徳勝龍(とくしょうりゅう )戦でそのアクシデントが発生します。土俵際で徳勝龍(とくしょうりゅう )を吊り上げて土俵の外にだしたときに右膝前十字靱帯(みぎひざぜんじゅうじじんたい)と内側側副靱帯(ないそくそくふくじんたい)を断裂、通常の人の体重を遥かに超えた体重を支え、膝を極限にまで酷使している力士にとってこの怪我は力士生命に関わる決定的なものになってしまいます。現にこれまでの長い大相撲の歴史の中でこの怪我から復活を遂げた力士は一人もいませんでした。

 

その後の”栃ノ心”は、 3場所を連続で休場し、幕下55枚目まで落ちてしまいます。 3役経験者がこの地位から復活を遂げた例もこれまでありません。

 

 

”栃ノ心”本人もこの時ばかりは引退を決意せざるを得ない状況になり、実際引退を決意したのですが、しかしこの時師匠である春日野親方は”栃ノ心”を叱責、そして「お前ならあと10年は必ずやれる・・・大丈夫だ!!」と励まし続け引退をさせませんでした。そして、その心にうたれた ”栃ノ心”の復活の奇跡がここから始まるのです。

 

 

そんな″栃ノ心″、幕下55枚目から42勝2敗で一気に幕内に復活します。「元々 実力があったのだから当然だ!!」という人もいたそうですが、果たしてそれは本当にそうでしょうか?

 

人間はそんなに強い生き物ではなく、、また”栃ノ心”本人の頑張りはもちろんのこと、親方をはじめとする周りのサポートや心配りなどもこの「奇跡」を生んだ要因だと考えるべきではないでしょうか。

 

 

今、大怪我をしてリタイヤしている人や、色々なことから どん底に苦しんでいる人 、そんな人達にとって、ほぼ不可能と言われていた” 栃ノ心”の復活は 「自分も頑張ればもしかしたら復活できるかもしれない・・・」 という励みにもしかしたらなるかもしれません。

 

 

夢と希望を与えるということがスポーツの最大の魅力であり、”栃ノ心”は力士としてほぼ不可能という怪我から、諦めることなく見事復活を果たします。

 

本当の復活とは?

”栃ノ心”は、まず自分の復活とは?何をもって復活なのか?とそう考えました。

” 栃ノ心”曰く、2013年の怪我に見舞われる前の自分を超えることを第一の復活と位考え、大怪我をする前の小結の地位を超えること、これを復活の達成と考えていました。

 

しかし2015年(平成27年)、28歳の” 栃ノ心”は小結で10勝をあげながら関脇に昇進できないという不遇を味わいます。しかも ” 栃ノ心”は、もともと運がない力士と言うことも関係者の間ではいわれており、 前頭筆頭で9勝しても昇進できず41年ぶり3人目の不運力士と呼ばれていました。

 

マスコミはあまり有名ではない外国人力士のことをそれほど細かく報道しないので誰も知らないことなのですが、まぎれもない事実です。

 

 

しかし” 栃ノ心”自身は諦めませんでした。

 

 

転機が訪れたのは、2016年(平成28年)に入ってからです。

 

長年の遠距離恋愛の中″栃ノ心″を色々な面でサポートしてくれた幼なじみの恋人と結婚を果たし、本当の意味での復活の準備が整っていきます。” 栃ノ心”29歳の時です。

 

 

結婚した奥さんの名前は、”ニノ”さんといいます。

 

この年2015年(平成27年)″栃ノ心″は、2勝5敗で苦しい場所を戦っていたのですが、8日目以降に、この”ニノ”さんが突如として観戦に訪れるようになってからは怒濤の8連勝。勝ち越しどころか敢闘賞まで受賞します。

 

 

そしてついに関脇昇進。 「小結」から→「幕下55枚目」→そして→「関脇」への昇進。 これほど波乱の相撲人生を歩んだ力士はこれまでいませんでした。 この奇跡の復活昇進をとげた時は、”栃ノ心”はもとより彼をそれまで支えてきた周りの人々が心から昇進を喜び泣します。

 

 

「心」の大切さを説いた親方

入門当時の” 栃ノ心”は門限破りの常習犯でもありました。しかしそんな彼に親方は「栃ノ心」という名前を与えます。 時には人々の期待も裏切り、大怪我をして引退も覚悟し、決して強い人間ではなくむしろ心は弱いほうだといいます。 しかも不運の連続の相撲人生。 それでも周りから愛され続けていました。 見た目は荒らしく粗暴そうに見えますが、歯科医師免許も取得しているジェントルマンでありインテリ派の力士。 そして何より繊細な性格の持ち主だといいます。 そして 2016年(平成28年)29歳、日本の大相撲に飛び込んで10年目でつかんだ初の関脇昇進。 それは”栃ノ心”の相撲人生の1つの到達点であることは疑いようがない事実であり、努力は必ず報われる。” 栃ノ心”はその象徴でもあり人種を超えて我々日本人にも希望を与えてくれる存在でもあります。

 

まとめ

技の「鶴竜」か?パワーの「栃ノ心」か?6日目でそう話題を呼んだ大相撲2018年初場所。果たして奇跡の復活を遂げた努力の人”栃ノ心”の優勝はなるか?最後まで目が離せない大相撲初場所です。

 

2018年1月27日(追記)

栃ノ心は、初場所14日目の取組に勝って1敗を守り、28日の千秋楽を待たずに初めての優勝を果たしました。平幕力士の優勝は平成24年夏場所の旭天鵬以来6年ぶりとなります。

異国の国で邁進する栃ノ心さんは今年は勝負の年、今後も栃ノ心の活躍を応援したいと思います。