あなたが知りたい、いろんなジャンルのプロフィール

様々なジャンルのプロフィールや芸能・スポーツ・経済・新商品など、気になるニュースを配信中!

谷村奈南の画像とプロフィール、井岡一翔(ボクシング)との結婚と馴れ初めは?

今週のお題「はてなブログ フォトコンテスト 2017夏」

谷村奈南画像プロフィール井岡一翔(ボクシング)との結婚と馴れ初めについて書いてみました。谷村奈南さんは、セクシー系実力派歌手として注目を集め、抜群のプロポーションと歌唱力で大ブレイクしていた事もある人です。

 

小さい頃から洋楽に囲まれ、アメリカの歌姫”クリスティーナアギレラ”のアルバムに感化され音楽を志す!

 

谷村奈南のプロフィール

谷村奈南 に対する画像結果

画像出典:https://www.pinterest.jp/pin/616219161484264433/

 

名前: 谷村 奈南(たにむら なな)

本名:井岡 奈南(旧姓:谷村)

生年月日 :1987年9月10日(30歳)

生まれ:北海道、札幌市

育ち:大阪府、池田市

血液型: O型

身長 :162cm

スリーサイズ:B88/ W58/ H86 cm

カップサイズ:Gカップ

正座 :おとめ座 

干支(えと):卯(う)年

学歴 :青山学院大学法学部卒業

職業 歌手、タレント

所属プロダクション:ライジングプロダクション

 

公式サイト:

http://tanimuranana.com/discography/

 

オフィシャルブログ

https://lineblog.me/tanimuranana/

 

インスタグラム

https://www.instagram.com/nanatanimura/

 

谷村奈南さんは、幼少の頃(3歳~8歳)からお父さんの仕事の関係で、大阪とハワイを1年のうちに何回も往復する生活を過ごしており、大阪とハワイとの移動生活が終わったその次は、アメリカのロサンゼルスにずっと滞在することになりました。海外での生活に小さい頃から慣れていた 奈南さんの楽しみは、大好きになっていた洋楽で、特に小学6年生の時に聞いた、アメリカの女性シンガーソングライター「クリスティーナアギレラ」のアルバムは特に大好きで、この音楽を何回も聴いているうちに”歌手になりたい!”と思うようになっていきました。

 

 

中学生に上がる頃日本に帰国、歌手になりたいという夢はずっと思い続けつつ、中学受験から大学受験までは、勉強中心の生活を送り成績は常にトップクラスをキープ。

 

そして大学に入るといよいよ歌手活動も本格化。学業と音楽を両立させねばならない厳しい大学でしたが、大学での学業においても優秀な成績を残しつつ音楽と両立させていきます。

 

デビューのきっかけ

デビューのきっかけは高校3年生の時に、ある音楽のイベントでクリスティーナアギレラの楽曲『The Voice Within』を熱唱したところ、ライジングプロダクション(旧ヴィジョンファクトリー)の関係者の目に止まり、2007年に、シングル『Again』で念願の歌手としてのスタートをきり、その後シンガー、グラビア、タレントとしてバラエティーなどにも出演するようになっていきます。

 

 2008年(平成20年)21歳の時、音楽サイトMSNミュージックの「今年ブレイクが期待されるアーティスト」投票で一位獲得。同じく2008年ラテン風のダンスナンバー『jungledance』でレコード大賞最優秀作品賞を受賞、またその年の2008年後期、オリコンが調査した『最もブレイクしそうな新人女性アーティスト』のアンケートでは、GIRL NEXT DOORのボーカル千紗に次いで、堂々の2位に選らばれています。

 

 

 

井岡選手との馴れ初め

井岡一翔選手との馴れ初めですが二人は、2015年1月頃から交際に発展した2人。井岡選手が26歳、奈南さんが28歳の時になります。もともと井岡選手には『カジノ王の娘』と呼ばれるモデルの「ソンミ」さんと交際中でしたが、知人の紹介で知り合い、一度デートをします。その時お互いにとても話が合い、お互いが尊敬し合えるなど心地がいい相手として惹かれるようになり、奈南さんのほうが井岡選手を好きになってしまい、積極的な猛アタックを重ねた結果見事略奪に成功、お互い結婚を意識した真剣な交際がスタート。そして、”大晦日の試合のあとに井岡選手が正式にプロポーズをしました。

 

まとめ

2017年5月17日井岡選手とと谷村さんは入籍し、このたび谷村さんの30歳の誕生日である9月10日にハワイで挙式を挙げ、幸せいっぱいの二人。しかし谷村さんが”本当にやりたい仕事は歌手”と以前雑誌にコメントしていますが、歌手活動とWBA世界フライ級チャンピオン、井岡一翔選手の妻として今後夫を支えつつ活躍することを期待したいと思います。