あなたが知りたい、いろんなジャンルのプロフィール

様々なジャンルのプロフィールや芸能・スポーツ・経済・新商品など、気になるニュースを配信中!

食べられるお箸の価格と購入、原料のイグサは超ダイエット究極のパワーを持つ栄養食品だった!

食べられるお箸価格購入、原料のイグサは超ダイエット究極のパワーを持つ栄養食品だった!について書いてみました。国産畳の原料である、イグサ(無農薬、有機栽培)を使った「食べられるお箸(畳味)」がオンラインショップで発売され話題になっています。

 

畳の原材料として1,100 年以上も昔から使われているイグサ!しかもイグサは、薬草としても使われていた!

 

「食べられるお箸(畳味)」について

f:id:mro74277:20170720070811p:plain

<企画>:熊本県八代地域「イグサ農家でつくる同連絡協議会」

<開発・製造>:丸繁(まるしげ)製菓株式会社(愛知県碧南市

※愛知県,碧南市(へきなんし)でアイスコーンから食べれるトレーの製造・販売を行っている会社

http://www.marushige-icecone.com/

名称:焼き菓子

価格:5膳セットで1930円
原材料名:小麦粉、砂糖、鶏卵、いぐさ(熊本県産)
内容量:2本 × 5袋
賞味期限:枠外上部に記載
保存方法:直射日光及び高温多湿を避けて保存

取扱上の注意:湿気やすいので開封ごは早目に食べる
※本品製造工場では卵、乳、えび、かにを含む製品を生産している。

食感:開発・製造した会社の素晴らしい技術によりアイスのコーンに似た風味で、じっくり低温で焼き上げることでサクッと香ばしく食べやすい食感になっている。

購入方法:ネット通販

https://ohashitatami.thebase.in/

 

”食べられるお箸”開発ほ発端

熊本県は昔から畳の原料となるイグサの産地で実に国内シェアの96%を誇る産地です。しかし昨今生活の欧米化が進んでいることも利用にあげられますが畳の需要は減り続け、今から40年ほど前1970年(昭和45年)代には10000戸以上もあったイグサを生産する農家は現在残り500戸程度になってしまいました。熊本県八代地域「イグサ農家でつくる同連絡協議会」のある会議の席でこんなやり取りがあったといいます。

最近、「畳・・」と口にしたかな~・・・。

もっとみんなに「畳・・」と口にして欲しい・・・

もっと、もっと「畳・・」と口にして欲しい・・・

誰かが間違えて、

「畳」!を口にして欲しい・・・・

ん?畳を口に???

そう言えば原料のイグサは食べることもでき、昔は薬草だった。栄養価も高いし、これを食べれるようにしたらどうか?その言葉から閃いて開発されたのが、この商品”食べられるお箸”だったのです。

 

原料のイグサに秘められた究極のパワー

この”食べられるお箸”のイグサは全て農薬を使わないオーガニックなイグサで作られており安心安全な原材料を使用しています。しかもイグサは古くは薬草として用いられていた時代もあり食べても全く問題なく、またこちらも最近話題になっている新潟県三条市の下田地区(旧下田村)に伝わる「ひこぜん」という、イグサから作られた味噌を使った米の飯による伝統的郷土料理は有名です。

 

「えっ!スゴイ」イグサの効果

ダイエット効果

イグサ=畳。と考える人がほとんどだと思いますが、い草は、食べられる草でもあります。古くからは、薬草としても使われてきました。他の野菜と比べても、食物繊維が非常に豊富で「モロヘイヤ」や「ゴボウ」の1.5倍。レタスであれば実に60倍もあります。計算してみると、レタス100gと同じ食物繊維量は、イグサであれば1.7gで十分ということになります。ある意味野菜不足を補うためにはうってつけの食品です。

食物繊維の効果は、便秘の予防、大腸がん、糖尿病、高血圧の抑制肥満、動脈硬化の防止、善玉菌の増殖などいい効果がたくさんありつまり、イグサを食べることによって、
ダイエットの効果生み出します。しかも脂肪燃焼系のダイエットではなく、腸内環境の整備による、ダイエットになるので、体に負担なく、逆に健康になる人多いと言います。食事の後に、1.5gのい草粉末を食べることにより殆どの人が、わすか2週間で、ウェストが平均4.6cm減少したという研究成果もあります。

便秘の解消

女子高校生(15歳~18歳)20名を対象として、イグサの摂取による排便回数の影響について行った調査では、平均で1日1回を下回っていた女子高生の排便回数が、イグサの摂取により平均で1日1回を超えたという結果がありこれはイグサが63%という、実に高い食物繊維量を含んでいるからでありこの成果は健康・栄養食品研究という学術誌にも発表されています。

※引用:北九州市立大学国際環境工学部 助教授 農学博士森田先生のサイトより

 

 

まとめ

もっと畳を身近に感じて欲しい・・・。とイグサ農家のアイディアから生まれたこの食べられるお箸。今注目の商品になっていますが、アイディアもそうですし健康にもとてももいいということであなたも是非一度試してみる価値はありそうです。