あなたが知りたい、いろんなジャンルのプロフィール

様々なジャンルのプロフィールや芸能・スポーツ・経済・新商品など、気になるニュースを配信中!

スパイサー米大統領報道官の画像と経歴、前代未聞の失言で墓穴を掘った男の素顔とは?

スパイサー米大統領報道官画像経歴、前代未聞の失言で墓穴を掘った男の素顔とは?について書いてみました。スパイサー氏は、ドナルド・トランプ政権で、アメリカ国内や世界中で起こる出来事に関するタイムリーな情報の収集や大統領の予定や面会、また呼び出したり対話を行った人物、その日のニュースに関する政府の公式見解の発表などメディアへの対応を行うホワイトハウス報道官、ホワイトハウスの広報部長代行を務める人です。

 

メディアと正面から激しく戦うことを託された存在が、ヒトラー発言で墓穴を掘る

 

スパイサー米大統領報道官のプロフィール

「スパイサー米大統領報道官画像」の画像検索結果

本名:ショーン・マイケル・スパイサー
生年月日:1971年9月23日(45歳)
出身地:アメリカ合衆国、ロードアイランド州バーリントン
政党 :共和党

学歴: ・コネチカット・カレッジ (学士)

※アメリカ、コネチカット州ストアーズに位置する州立総合大学

・海軍大学校 (修士)

<家族>
配偶者 :レベッカ・クレア・ミラー (2004年~)
子供 2人

 

経歴

スパイサー氏は、アメリカ合衆国東北部に位置し、アメリカ全50州のうち一番面積の小さい都市ローアイランド州バーリントンの生まれで、アイルランド系移民である父親は保険外交員、母親は、イギリス植民地時代(1764年)に設立された研究私立大学ブラウン大学東アジア地域研究学部の学部長をしていました。

大学生の頃からボランティア活動に対しとても熱心だったスパイサー氏は1990年代後半、27歳の頃から共和党の連邦下院議員のもとで働き始めます。

そして1999年(平成11年)、現在でも海軍中佐の肩書きを持つ彼は28歳の時にアメリカ海軍予備隊に広報担当将校として入隊します。

 

2000年(平成12年)29歳の時にホワイトハウス改革委員会の広報部長を務め、2003年から2005年まで下院予算委員会広報部長兼スポークスマン、その後は連邦下院共和党会議広報部長を経て、2006年(平成18年)35歳の時、ジョージ・W・ブッシュ政権のメディア・広報担当通商代表補佐官に就任します。

 

2009年(平成21年)38歳の時には、アメリカ政府と経済的な関係を持つ外国の政府や企業を代表する広告の代理店であるエンデバー・グローバル・ストラテジー社の共同経営者もしていました。この会社はコロンビアの代理人として、人権問題との関連で批判もあるアメリカとの自由貿易協定を推し進めています。

 

2011年(平成23年)2月、40歳の時共和党全国委員会の広報部長となり、広報部長在職中はソーシャルメディアの活用を積極的に推し進め、自前のテレビ番組制作班を組織し、またメディア等からの攻撃に対処する迅速的対応計画を策定していました。

 

2015年(平成27年)2月、44歳の時には、共和党の首席戦略官を兼務します。


広報部長時代のスパイサー氏は、当時のドナルド・トランプ候補にとても批判的で、トランプ氏が「メキシコからの不法移民が犯罪に関与している」と主張した際には「メキシコ系アメリカ人をひとくくりに論じることは、おそらく問題の解決には役立たないと思う」と発言。

2015年7月には「立派に職責を果たしてきた人々を軽んじるコメントをするような人物のための場所は、わが党及びわが国には存在しない」と、ここでもまたトランプ氏を批判しています。

しかし、トランプ氏が大統領選を勝ち抜き、大統領に就任して間もなく、2016年(平成28年)12月22日、なんとトランプ政権のホワイトハウス報道官に任命され、12月24日には、ホワイトハウスの広報部長に内定していたジェイソン・ミラーが辞退したことを受けて、その後任にも指名されこのふたつの大役に就任します。彼が45歳の時になります。

 

驚愕のヒトラー発言で墓穴を掘る

2017年4月11日、負けん気が強く、しかしその頃失策続きだったショーン・スパイサー報道官は、アメリカ、ホワイトハウスで定例会見を開いていた時です。

シリアのアサド政権による化学兵器の使用について強く非難しようとするあまり、「ヒトラーのような卑劣な人間でも、化学兵器を使用するほどひどいことはしなかった」こう発言してします。

その12分後、近くにいたいた女性記者が、アドルフ・ヒトラーについての発言がツイッター上で話題になっているから、発言の真意を聞きたいとスパイサー氏に告げます。

「しまった・・・」と思ったスパイサー氏は

なんとか取りつくろうとします。しかし、焦るあまり、ヒトラーは「自国民に対してガスを使用したわけではない」という事実に反する言い訳をしたばかりか、強制収容所のことを「ホロコーストセンター」と呼んでしまい、大失態を繰り返します。センターというその表現はナチスの強制収容所に対する表現には軽すぎて不適切にもほどがあるとSNSも炎上、さらに墓穴を掘ってしまいます。そしてそれ以降の24時間、トランプ政権がマスメディアから集中砲火を浴びるのは避けられない現実となるのです。

翌日の4月12日、スパイサー氏は「比較などするべきではなかった」という懺悔の言葉を述べますがそれは彼が長年ワシントンで積み上げてきたキャリアがどん底に落ちた瞬間であり、ガッシリと立派な体格の45歳のスパイサー氏がガックリと肩を落とす瞬間でもありました。

 

 

まとめ

トランプ政権のスポークスマンとしてメディアと全面的に戦ってきたスパイサー報道官の辞任。まだまだ波紋が広がりそうです。