あなたが知りたい、いろんなジャンルのプロフィール

いろんなジャンルのプロフィールや情報などを紹介しています。

5月4日はなぜ?「スター・ウォーズの日」?と「スター・ウォーズの母」レイア姫を演じた女優について

5月4日はなぜ?「スター・ウォーズの日」?と「スター・ウォーズの母」レイア姫を演じた女優について書いてみました。40年もの間世界中の人々に愛され、またその独自の文化を持ち続ける『スター・ウォーズ』。その日にちなんだ今日は個人個人その楽しみ方が様々あると思います。『スター・ウォーズ』といえばレイア姫。残念ながら彼女がスターウォーズに出演することはもうありません。

 

『スター・ウォーズ』の名ゼリフMay the force be with you(フォースと共にあらんことを)!

 

「スター・ウォーズの日」を5月4日に

「スター・ウォーズの日」が5月4日になった理由は、映画のセリフの合言葉、「May the force be with you(フォースと共にあらんことを)!」から来ています。

May=5月   Force=4 、5月4日に掛け合わせたこの日が「スター・ウォーズの日」となりました、。

 

「レイア姫」を演じたのはアメリカの女優「キャリー・フィッシャー」

 

キャリー・フィッシャーのプロフィール

「キャリーフィッシャー」の画像検索結果

本名:Carrie Frances Fisher(キャリー・フランセス フィッシャー)

生年月日:1956年10月21日(60歳)/ 2016年12月27日,死亡:

出生地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州ハリウッド

国籍:アメリカ合衆国

職業:女優、脚本家

身長:155㎝

配偶者:ポール・サイモン(1983年~1984年)

著名な家族:

(父)エディ・フィッシャー≪歌手≫

(母)デビー・レイノルズ≪女優≫

 

 

来歴及・エピソードその他について

来歴

父親は、アメリカ ペンシルベニア州 フィラデルフィア出身の、1950年代には数百万枚のレコードを売り上げ、また、自身のテレビ番組も持っていたアメリカを代表する世界的な歌手の1人である、「エディ・フィッシャー」

 

母親は、1952年に公開された世界的有名なミュージカル映画『雨に唄えば』に18歳の時抜擢され、抜群の歌唱力と独特の演技により一躍スターとなり以後長い期間活躍した女優の「デビー・レイノルズ」という実力派有名人を両親に持ちます。


最初の結婚は24歳の時、1983年「元サイモン&ガーファンクル」のシンガーソングライターのポール・サイモンと結婚しますが、1年で離婚。


女優業以外にも、グラミー賞授賞式の脚本家、映画のスクリプト・ドクター(脚本監修)や、グラミー賞授賞式の脚本家など、映画業界の裏方としても活躍しています。

 


キャリー・フィッシャーさんの最も知られている出演作は、『スター・ウォーズ・シリーズ』旧3部作(エピソード4-6)で演じた「レイア姫」。

 

『スター・ウォーズ・シリーズ』のオーディションでは、今では有名女優になった「メリル・ストリープ」や「ジョディ・フォスター」らも新人の頃オーディションに参加、最後まで競ったのが「ジョディ・フォスター」でしたが、そこから見事「レイア姫」役を勝ち取り一気にブレイクします。

 

 

2015年に公開された「スターウォーズフォースの覚醒」ではキャリー・フィッシャーさんの現在23歳の娘である「ビリ・ロード」さんが、若き「レイア姫」で回想シーンに登場、この時フィッシャーさんは58歳にして18㎏ものダイエットに成功し32年ぶりに「レイア姫」を演じることになります。

 

「レイア姫」役でブレイク後ドラッグに溺れる

スターウォーズで「レイア姫」を演じた後一気に世界的スターに登りつめます。しかしその忙しさやプレッシャーに耐え切れずに、1980年公開の「ブルース・ブラザース」の

共演者とドラッグにハマりはじめ、とうとうドラッグ中毒患者になってしまいます。

 

しかしその後必死のリハビリを続け復活遂げると、自信の体験を綴った自伝「崖っぷちからのはがき」を出版。この自伝は1991年、新人の頃スターウォーズのオーディションを競った「メリル・ストリープ」主演による映画「ハリウッドにくちずけ」のタイトルで映画にもなりました。

 

58歳にして18㎏ものダイエットに成功し32年ぶりに「スターウォーズ」に出演したその後、 2016年12月23日にロンドンからロサンゼルスに戻る飛行機の中で心臓発作を起こし、緊急治療が施されましたが残念ながら息を引き取りました。享年60でした。