あなたが知りたい、いろんなジャンルのプロフィール

いろんなジャンルのプロフィールや情報などを紹介しています。

サルバドール・ダリ、スペインが生んだ鬼才画家の画像と経歴(前半生)

サルバドール・ダリ、スペインが生んだ鬼才画家の画像経歴について書いてみました。サルバドール・ダリはスペイン・カタルーニャ地方の芸術家で自らのことを天才だと言い切ることと数々の奇行や逸話が知られ鬼才としても有名な画家の一人です。

 

森永製菓のチュッパチャプス(飴)のロゴマークはサルバドール・ダリがデザインした!

 

サルバドール・ダリ

「サルバドール・ダリ画像」の画像検索結果

本名:サルバドール・ドメネク・ファリプ・ジャシン・ダリ・イ・ドメネク

(Salvador Domenec Felip Jacint Dali i Domenech)

生年月日: 1904年5月11日

1989年1月23日死亡(85歳)
生まれ: スペイン・カタルーニャ地方、フィゲラス

配偶者: ガラ・エリュアール (1958年 ~1982年)

映画: デスティーノ、 アンダルシアの犬、 黄金時代、 Babaouo、 他

 

 

サルバドール・ダリは、公証人をしていた父親「サルバドール・ダリ・イ・クシ」と「ドーニャ・フェリパ・ドメ・ドミネク」という母親、そして「アナ・マリア」という妹の4人家族でした。本来ダリには同じ名前の兄がいましたがダリが生まれる9ヶ月前に、胃腸炎のため2歳で亡くなりました。長男の急な死に大変ショックを受けてしまっていた両親は、ダリが生まれた「この子は神様が長男の生まれ変わりとして私たちに授けてくたさっだのだ」とそう思い、兄と同じ名前をダリにつけたのです。

そしてダリは5歳になった時、兄の墓の前に連れて行かれ、両親から兄の生まれ変わりであることを告げられます。

両親から告げられたダリは、「自分はキリストのように復活したのだから、それだけ価値のある人間なのだ」とそれからはそう思うようになりました。


ダリは並外れて早熟で知的な子供で、普段は真面目で礼儀正しく温厚な性格でしたが、しかし反面、情緒不安定なところもあり、さらに言うと、とても短気でサディスティックな一面があり、友人を意味もなく橋から突き落として重傷を負わせるなど数々変わった行動をとることもしばしばありました。

ダリ曰く「兄である最初のサルバドールは完璧すぎて生きていけなかった。私は彼から善なる部分を捨てて生まれてきたのだ」と言っています。

温厚で生真面目な性格だった父親はダリのこの部分が大変いやだったらしく二人の間の親子仲は父親が死ぬまでよくなる事はありませんでした。さらに、妹とは彼女が出版したダリの暴露本(自伝)で後半生は妹ともなにかと揉めています。

一方母親の方はダリを心から愛してくれ優しく接してくれていましたが、ダリが16歳の時、母親は乳がんで亡くなります。大好きだった母親の死はダリにとって大変ショックで大きな出来事だったのに、ダリがショックを受けていることなど全く気にせず父親はすぐに母親の妹(ダリの叔母)と再婚してしまいます。

その後のダリの寄行の原因の一つがこの事も関係していると言われています。

 

小さい頃から絵が好きで、絵画にとても興味を持っていたダリは、その才能の高さを両親も認めておりその後押しをします。

すでに6歳の時に油彩画を描き、プロの画家であるラモン・ピショット(Ramon Pichot)からもその才能を認められていました。

 

1916年、12歳でデッサン学校に通いジュリアン・ニュヌスに師事、1922年、18歳でマドリードのサンフェルナンド美術学校に入学し、詩人のフェデリコ・ガルシア・ロルカや 映画監督のルイス・ブニュエルと知り合い画家としての才能を開花していきます。

 

 

サルバドール・ダリ劇場美術館の紹介ビデオ

https://www.youtube.com/watch?v=Ob-9u2bDf28

 

サルバドール・ダリ作品j集

http://www.salvador-dali.org/cataleg_raonat/index.php?lang=fr&lang=en