あなたが知りたい様々なジャンルのプロフィール、得する情報!

様々なジャンルのプロフィールや健康に関する新たな情報、その他気になる話題を配信中!

ポール・ボキューズの画像と経歴、日本各地にも絶大な人気を誇るフランス料理店を持つ偉大なシェフについて

ポール・ボキューズ画像経歴、日本各地にも絶大な人気を誇るフランス料理店を持つ偉大なシェフについて書いてみました。ポール・ボキューズ氏は、フランス・リヨン郊外で、1965年以来、世界中の美食家を魅了し続ける、三ツ星フランス料理の名店「ポール・ボキューズ」を手がけるオーナーシェフです。また日本ではポール・ボキューズ氏の正統なるフランス料理の文化を日本にも伝えるためにつくられたレストラン、「メゾン ポール・ボキューズ」があり、華麗なる美食の世界がこの日本でも味わえ多くの人々に感動をあたえ日本でも大人気となっています。

 

ボキューズ氏の基本「良い素材!良い火加減!良い味付け!」基本に忠実シンプル。一度食べるとまた食べたくなる、安心感と幸せを与えてくれる味わい!

 

ポール・ボキューズのプロフィール

f:id:mro74277:20180121072047p:plain

名前:ポール・ボキューズ(Paul Bocuse)

生年月日:1926年2月11日(日本は昭和1年)

没年月日:2018年1月20日(91歳)

出身地:フランス南東部リヨン近郊、ローヌ県

※ローヌ県(Rhône)はフランス南東部に位置する、ローヌ川の流れる県

国籍:フランス
職業(専門):料理人
肩書:「ポール・ボキューズ」・オーナーシェフ

 

経歴

リヨン近郊コロンジュ・オ・モン・ドールのレストランに料理人の子として生まれます。

 

1942年(昭和17年)、16歳の時からフランス、リヨンの有名レストラン《レストラン・ド・ラ・ソワリー(Restaurant de la Soierie)》で料理の修行を始めを始め、また

1933年(昭和8年)からミシュランガイドの3つ星を守り続けたフランス、リヨン近郊ヴィエンヌにある、これまたフランスの超有名料理レストラン「ラ・ピラミッド」 のオーナー・シェフ「フェルナン・ポワン」氏より見込まれ直接指導を受けています。

 

ポール・ボキューズ氏は1960年(昭和35年)に自身の店をオープンさせて以来、ミシュランの星を次々に獲得しフランス料理界に旋風を巻き起こします。

 

また、ヌーベルキュイジーヌ (nouvelle cuisine)という言葉は、フランス語で「新しい料理」 を意味するのですが、新鮮な素材を加熱調理時間の短縮によって香りを生かして軽やかに仕上げたり、ソースに小麦粉やバターを極力使わず軽く仕上げるなどの傾向が見られた1970年代以降流行した調理方法でそれまでのフランス料理にはなかった斬新なスタイルの料理や見せ方の方法を積極的に採用したことにより、1970年代“ヌーヴェル・キュイジーヌ”のリーダーと目され、それまであまり有名ではなかったフランス料理を、オシャレで洗練された、楽しめる料理である!と世界に認めさせる功績を残しました。

 

 

日本のレストラン「ポール・ボキューズ」

 

「ポール・ボキューズ」氏の料理の基本は、「良い素材、良い火加減、良い味付け」であるといいます。素材に対し忠実で、よけいなことをせず素直な味付け、そして少し遊び心のあるプレゼンテーションをモットーに、安心や温もりを提供するレストランを目指します。このポール・ボキューズ氏の心を日本の人にも味わってもらいたいと2007年、日本における総本山として「メゾン ポール・ボキューズ」が誕生しています。アールヌーボー調の温かみあふれる雰囲気の店内には、2つダイニング、サロン、バーラウンジがあり、様々なダイニングシーンを華やかに演出します。フランス、リヨンの本店から受け継いだ、世界中の人を魅了した華麗な美食の世界が楽しめます。

 

世界最高峰!フランスで最も有名なシェフトップ10に選ばれている

世界で最も観光客の多い国と言われているフランスは、美食の国としても有名で、実は本場のおいしいフランス料理を味わうために、世界中からグルメな観光客がこぞってやってきています。そしてその世界の美食家たちの舌を唸らせる世界最高峰のフランス料理を提供し売上高でもトップ10のうち第3位のポール・ボキューズ氏。

死ぬ前に一度は、この10人のシェフの料理を食べてみたいと言われている中の一人です。

 

ポール・ボキューズ氏のレストランについて

 

売上総額:5300万ユーロ (約68億円)
レストラン店舗数 :21店舗
星の数(総数):3星

ポール・ボキューズ氏は、フランスのリヨン近郊にある3つ星レストラン「ポール・ボキューズ」のオーナーで、91歳でなくなるまで人気の現役オーナシェフでした。

 

またボキューズ・ドール賞の創設者でもあり、 1959年に生家のレストラン「ポール・ボキューズ」を継いで、1961年には国家最優秀職人章(MOF)を取得、1965年に得たミシュランの3つ星を、2015年度で何と50年間維持しています。 これは、ミシュランの歴史上、文句なしの3つ星最長在位記録です。また1970年代に来日した際には、懐石料理・京料理の料理法や盛りつけに触発され、素材を活かす料理法を取り入れたり、盛りつける皿を料理ごとや季節ごとに変えたりするなど、地味だったフランス料理の盛りつけを根底から変えて新たなフランス料理の時代を切り開いた料理人としても有名です。

 

まとめ

日本にも数多くの超有名シェフの弟子をもつ偉大なフランス料理界の巨匠ポール・ボキューズ氏は91歳の生涯を静かに終えられました。彼の残した功績はこの日本にも確実にいきづいています。ご冥福を心よりお祈りいたします。