あなたが知りたい、いろんなジャンルのプロフィール

様々なジャンルのプロフィールや芸能・スポーツ・経済・新商品など、気になるニュースを配信中!

大谷翔平が契約するエンゼルスとは?なぜエンゼルスを選んだか?エンゼルス球団について

大谷翔平契約するエンゼルスとは?なぜエンゼルスを選んだか?エンゼルス球団について書いて見ました。
日本ハムからポスティングシステムを使ってアメリカ大リーグへの移籍を目指していた日本ハムの大谷翔平投手ですが、大谷翔平投手の代理人である、ネズ・バレロ氏が大谷翔平投手の契約する球団が「ロスアンゼルス・エンゼルス」に決定したと発表しました。

 

数多くの球団との対話の中、大谷投手は選手としての成績や年棒よりも夢だった「二刀流を完成させる!」というゴールを最も重要視していた!

 

大谷翔平のプロフィール

f:id:mro74277:20171209084311p:plain

本名:大谷翔平(おおたに しょうへい)
国籍:日本
出身地:岩手県・奥州市(おうしゅうし)
生年月日:1994年7月5日(23歳)
身長:193 cm
体重:97 kg
血液型:B型

選手情報

投球:右投
打席:左打
ポジション:投手、外野手
プロ入り:2012年 ドラフト1位(日本ハムファイターズ)
初出場:2013年3月29日
年俸:2億7,000万円(2017年)[1]

経歴:

・花巻東高等学校
・北海道日本ハムファイターズ (2013年~2017年)
・ロサンゼルス・エンゼルス(2018年~)

・国際大会:
代表チーム/プレミア12 2015年

・国際大会(代表チーム)

世界野球WBSCプレミア12( 2015年11月8日~21日)

※U12、U15、U18、U21のトップが出場するWBSC主催大会やWBSCの認定を受けたその上位12ヵ国に出場権が付与される、国全体の野球力(野球国力)No.1決定戦。大谷選手が出場した2015年大会は記念すべき第1回大会。

 

メジャーリーグのシステムについて

アメリカのメジャーリーグは、日本のプロ野球と同じ2リーグ制になっていて、日本のセントラルリーグ(セリーグ)とパシフィックリーグ(パリーグ)のようになっています。

 

アメリカメジャーリーグでは、ナショナルリーグ(ナ・リーグ)とアメリカンリーグ(ア・リーグ)の2リーグになります。

 

大谷翔平投手が契約する「ロスアンゼルス・エンゼルス」を含めたアメリカのメジャーリーグは、ナショナルリーグ(ナ・リーグ)とアメリカンリーグ(ア・リーグ)それぞれのリーグが15チームずつ在籍しています。

 

さらにそのナショナルリーグ(ナ・リーグ)とアメリカンリーグ(ア・リーグ)それぞれのリーグで西地区・中地区・東地区で5チームずつに分かれています。

 

整理すると、

 

アメリカンリーグ(ア・リーグ)が、西地区・中地区・東地区の3つの地区でそれぞれ5チームなので計15チーム。

 

ナショナルリーグ(ナ・リーグ)も西地区・中地区・東地区の3つの地区でそれぞれ5チームなので計15チーム。

 

大谷翔平投手が契約する「ロスアンゼルス・エンゼルス」を含めたアメリカのメジャーリーグは、あわせて、全30チームで構成されています。

 

 

現役の日本人メジャーリーガー[2017年現在]


・青木宣親:ニューヨーク・メッツ(2017年~)


・イチロー:マイアミ・マーリンズ(2015年~)


・岩隈久志:シアトル・マリナーズ(2012年~)


・上原浩治:シカゴ・カブス(2017年~)


・田澤純一(たざわ じゅんいち):マイアミ・マーリンズ(2017年~)


・田中将大(たなかまさひろ):ニューヨーク・ヤンキース(2014年~)


・ダルビッシュ有:ロサンゼルス・ドジャース(2017年~)


前田健太:ロサンゼルス・ドジャース(2016年~)

 

ロサンゼルス・エンゼルス

「ロサンゼルス・エンゼルス画像」の画像検索結果

正式名称:ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム(LAA)

Los Angeles Angels of Anaheim

創設:1961年(昭和36年)

リーグ所属:アメリカンリーグ(ア・リーグ)西地区

基本情報

本拠地 :エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム
略号 :LAA

優勝回数

・ワールドシリーズ 1回

・リーグ優勝 1回

・地区優勝 8回

・ワイルドカード 1回

 

経歴

・ロサンゼルス・エンゼルス(1961年~1965年)

・カリフォルニア・エンゼルス(1966年~1996年

・アナハイム・エンゼルス(1997年~2004年)

・ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム(2005年~)

プロ野球球団テンプレート

概要

1961年(昭和36年)にアメリカンリーグの球団数拡張によって誕生した球団で、球団名の由来は、ロサンゼルスと言うの地名から「天使たち=the angels(ザ・エンジェルス)」から由来。

 

本拠地はロサンゼルスの郊外・アナハイム市に球場を持ち、

 

一時期、ディズニーランドでも有名なウォルト・ディズニー社が経営に携わり、2002年にワールドシリーズを制した際には、優勝パレードが地元アナハイムのディズニーランドで行われています。

 

本拠地である「エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム」は、現在アメリカンリーグでは最も古い球場で、「ラリー・モンキー」と呼ばれる猿が球状に、訪れるファンの名物になっています。

 

2003年から2009年までは地区優勝を4回果たすなど、この頃が黄金時代でした。

 

日本人ではかつて、オリックス・ブルーウェーブから移籍した長谷川滋利(はせがわしげとし)投手、読売ジャイアンツから松井秀喜選手、同じく読売ジャイアンツから移籍した高橋尚成(たかはし ひさのり)投手らが所属していました。

 

※ラリー・モンキー

本拠地のエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムではラリー・モンキーと呼ばれる電光掲示板に映し出される猿が人気を集め、直訳すると「逆転猿」という意味で、ラリー・モンキーは6回以降チームが負けているか、同点の時のみ現れます。

そのことを「ラリー・タイム」と呼び、スコアボードの電光掲示板の大画面にラリー・モンキーの跳ね回る姿が映し出され、2000年頃からこの猿が登場し、不思議とチームも逆転勝利を収めるようになったことから、ラリー・モンキーと名づけられ、現在では球場の名物として定着しています。

 

2003年から2009年まで地区優勝を4回果たすなど、この頃が黄金時代で、

 

また、日本人選手ではかつて、オリックス・ブルーウェーブから、長谷川滋利(はせがわしげとし)投手、読売ジャイアンツから松井秀喜選手、同じく読売ジャイアンツから高橋尚成(たかはし ひさのり)投手らが所属していました。

 

まとめ

今から約100年程前、アメリカのメジャーリーグでは、大谷翔平選手よりも先に二刀流で「アメリカ球界最大の巨人の1人」と語り継がれ、また 「野球の神様」としてアメリカ合衆国の国民の間ではヒーローでもあるベーブルースという偉大な選手が存在していました。そして100年たった今アメリカで、日本の大谷翔平投手が「日本のベーブルース」と呼ばれ注目が集まっています。2018年シーズンからメジャーリーグでプレーする大谷翔平選手は、「ベーブルース」になれるか?メジャーリーグ史に残る日本の若き侍大谷翔平がチャレンジする現代の二刀流。はたして完成するか。2018年のメジャーリーグが楽しみです。