あなたが知りたい、いろんなジャンルのプロフィール

いろんなジャンルのプロフィールや情報などを紹介しています。

村田諒太の画像とプロフィール、WBA再戦を指示について

村田諒太の画像とプロフィール、WBA再戦を指示について書いて見ました。WBA世界ミドル級王座決定戦で疑惑のジャッジにより判定負けとなった村田諒太選手がWBAより再戦の指示が出ていることを事務所を通じ、自身の言葉で発表しました。

 

村田VSエンダム戦の判定結果に疑義、WBA会長 村田に謝罪、再戦を指示

 

 

村田諒太のプロフィール

「村田諒太画像」の画像検索結果

名前:村田諒太(むらた りょうた)

生年月日: 1986年1月12日 (31歳)

出身地: 奈良県 奈良市

身長: 182 cm

体重: 75 kg

階級: ミドル級

 

 

 

プロボクシングの階級は、上は、体重90.719kg以上のヘビー級から、下は、47.627kg以下のミニマム級までそれぞれ体重により全部で17階級に分かれており、村田選手は、69.853Kg超~72.575Kg の選手が戦う、ミドル級に在籍してい

す。この階級は、重量級と呼ばれ世界中の強豪選手が集まっており、非常に選手層が

厚い階級です。重量級は、大きくて恵まれた体格と強靭な筋肉が必要される階級で、日本人があまりいない階級でもあります。

これまで重量級の階級である、ミドル以上でチャンピオンになった日本人はまだ誰もいません。また過去ミドル級(重量級)でチャンピオンになったことがある日本人は”竹原慎二”さん唯一人となっています。

 

プロボクシングの階級(全17階級)

1.ミニマム級:47.627Kg以下

【105ポンド以下】


2.ライトフライ級:47.627Kg超~48.988Kg
【105超~108ポンド以下】


3.フライ級:48.988Kg超~50.802Kg
【108超~112ポンド以下】


4.スーパーフライ級:50.802Kg超~52.163Kg
【112超~115ポンド以下】


5.バンタム級:52.163Kg超~53.524Kg
【115超~118ポンド以下】


6.スーパーバンタム級:53.524Kg超~55.338Kg

【118超~122ポンド以下】


7.フェザー級:55.338Kg超~57.153Kg
【122超~126ポンド以下】


8.スーパーフェザー級:57.153Kg超~58.967Kg

【126超~130ポンド以下】


9.ライト級:58.967Kg超~61.235Kg
【130超~135ポンド以下】


10.スーパーライト級:61.235Kg超~63.503Kg
【135超~140ポンド以下】


11.ウエルター級:63.503Kg超~66.678Kg
【140超~147ポンド以下】


12.スーパーウエルター級:66.678Kg超~69.853Kg

【147超~154ポンド以下】


13.ミドル級:69.853Kg超~72.575Kg
【154超~160ポンド以下】


14.スーパーミドル級:72.575Kg超~76.204Kg
【160超~168ポンド以下】

 

16.ライトヘビー級:76.204Kg超~79.379Kg
【168超~175ポンド以下】


17 . クルーザー級:79.379Kg超~90.719Kg
【175超~200ポンド以下】


18. ヘビー級:90.719Kg超
【200ポンド以上】

 

 

 

村田選手の戦績

 

・アマチュア選:137戦118勝89KO・RSC19敗。

・プロ:12戦11勝1判定負け。

・ロンドンオリンピック:ミドル級の金メダルリスト

 

 

初の世界戦

WBAミドル1位のアッサン・エンダム選手と対戦しましたが、結果は1ー2の判定負け。それぞれのジャッジの詳細は以下になります。

 

ラウル・カイズ・シニア(アメリカ)

110 vs117 村田選手の勝ち

 

グスタボ・オパディージャ(パナマ)

116 vs 110 エンダム選手の勝ち

 

ヒューバート・アール(カナダ)  

115 vs112 エンダム選手の勝ち

 

しかしこの判定には世界中から疑問が投げかけられました。

 

 

WBAのルール規定には、相手への有効打に重きおくことが前提という風に明確に記載されています。更にまた、アメリカ人の審判であるラウル・カイズ・シニア氏の採点が110 – 117と、村田選手の勝ちで7ポイントも多く点数をつけており今回他の審判のジャッジとの違いがわかると思います。

 

ボクシング4つの主要団体(世界)

ボクシングには4つの主要な団体が存在しています。

 

WBA :

創立1921年 /加盟国90カ国 ベルトカラー黒

 

WBC:

創立1963年 /加盟国161カ国 ベルトカラー緑

 

WBO :

創立1988年 /加盟国65カ国 ベルトカラー茶赤

 

IBF : 

創立1983年/ 加盟国23カ国 ベルトカラー赤

 

なぜ団体が4つも存在?

一番最初に創立されたのが、WBAのみでした。しかしWBAの運営やマネジメント、不正などに対する不満・不平等などから分裂、独立を数回繰り返し現在の4つの団体に落ちつきました。その中でWBC(World Boxing Council)世界ボクシング評議会は参加国も一番多く信頼されており4つの団体の中では一番格が高いとされ、反対に一番が格が低いのが今回問題となったWBAといわれています。

 

まとめ

この疑惑の判定結果に、試合後村田選手自身は、「判定結果に対する私情はなく、この試合を組んでいただけたことに対する感謝、そして、明確な形で決着をつけられなかったことを申し訳なく思うばかりです」とコメントしており結果のみを受け入れました。実力は勿論のことながら、人格においても一流の選手といえるでしょう。WBAから今回の疑惑の判定に対するお詫びと再戦の指示が来ていますが、それについては現在帝拳ジムと話し合いをしているとのこと。日本中が見守る中今後の彼の活躍を期待しています。