あなたが知りたい様々なジャンルのプロフィール、得する情報!

様々なジャンルのプロフィールや健康に関する新たな情報、その他気になる話題を配信中!

小平奈緒の経歴と究極の滑り磨く超可愛いアスリート!彼氏や結婚の噂も気になる?

小平奈緒経歴と究極の滑り磨く超可愛いアスリート!彼氏結婚の噂も気になる?について書いてみました。平昌冬季オリンピックの出場枠を争うスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦が11月10日、オランダのヘーレンフェインで開幕、大会最終日の12日、女子1000メートルに出場した日本のエース、小平奈緒選手が1分13秒99で初優勝しましたね。また小平奈緒選手は今大会の500メートルでも2勝しています。小平奈緒選手には今や日本女子スピードスケート界のエースとして2018年平昌オリンピックで金メダルの期待が寄せられる素晴らしい選手であり、そして小平奈緒選手といえばその愛くるしい笑顔。ネットでは「超かわいい」と超話題になり、姉妹までも「超かわいい」と評判になっています。今回はそんな小平奈緒選手の性格や彼氏の噂、かわいいと噂のお姉さんなどについてもまとめてみたいと思います!

 

オランダに通訳なしで単身留学、究極の滑りと精神力を磨きスピード日本女子初の金メダルに挑む!!

 

小平奈緒のプロフィール

「小平奈緒画像」の画像検索結果

生年月日:1986年5月26日生まれ

身 長 :165cm

体 重 :61kg

血液型 :A型

性 格 :内気で控えめ、優しく温厚、反面とても負けず嫌い、芯が強い、不器用だけど研究熱心、ストイックな一面もあり

出身中学:茅野市立北部中学校

出身高校:伊那西高校

出身大学:信州大学教育学部

所 属 :社会医療法人財団慈泉会、相澤病院

 

小平奈緒公式ブログ:http://www.ai-hosp.or.jp/cloverlink/blog/

 

世界トップレベル、小平奈緒の主な成績

・中学2年時 全日本ジュニア・スプリント部門 史上初の中学生王者

 

・高校時 インターハイ500m、1000mの2冠達成

 

・大学1年時 日本学生氷上競技選手権大会500m、1000mで2冠達成

 

・大学2年時 全日本スピードスケート距離別選手権大会1000m優勝

 

・大学4年時 全日本スピードスケート距離別選手権大会1500m優勝

 

・大学卒業後2009年:

全日本スピードスケート距離別選手権大会500m、1000m、1500m優勝

ISUワールドカップ・ベルリン大会500m3位、1000m2位

 

・2010年:

バンクーバーオリンピック 500m12位、1000m、1500m5位

女子団体パシュート銀メダル

 

・2014年:

ソチオリンピック 500m5位、1000m13位

ISUワールドカップ・ソウル大会500m優勝

 

・2015年:

世界距離別選手権 500m3位

2014~2015年、シーズンワールドカップ 500m総合優勝

 

・2017年:
世界距離別選手権 500m優勝、1000m2位

世界スプリント選手権 500m(36.75秒)日本記録

1000m(1分12秒51)日本記録
スピードスケートワールドカップ(ヘーレンフェイン”オランダ”)500m・1000mダブル優勝

 

 

姉も超可愛いと評判の小平奈緒

小平奈緒選手には、5歳年上のお姉さん(小平 知佳さん)と、4歳年上のお姉さん(小平 真衣さん)がいますが、姉二人は小学生までスケートをやっていました。お姉さん2人は既に結婚して長野県外に住んでいますが、小平奈緒選手が出場する大会や合宿の会場にはよく足を運び、応援してきました。本当に中仲のいいしかも超可愛い3姉妹と近所でも評判になっていました。

小平奈緒兄弟

(右が長女の知佳さん / 左が次女・真衣さん)

 

小平奈緒に彼氏はいる?

これだけ超かわいくて一流のアスリートとして活躍し、普段の童顔の可愛さとスケートへのストイックさとのギャップが一層彼女の魅力を惹きたてメディアへの露出も増えてきた小平奈緒選手ですが、30歳を過ぎた今、彼氏や結婚の噂など気になるところですが実際はどうなのでしょうか?

各メディアやインターネット、新聞等を見ても全くそんな話が見当たらず、お母さんの光子さんも「こっちが心配になるほど、何もないんですよね~・・・・」と語っており、また以前は公に「彼氏募集」までしていた時もあったそうですから、今の所は彼氏や結婚より自らの目標であるは平昌オリンピックで金メダル獲得に向けてストイックにトレーニングに励んでいるほうが楽しいのかもしれません。

 

小平奈緒オランダへの単身留学で究極の滑りに目覚める

 平昌オリンピック開幕まで100日をきった小平奈緒選手ですが、ここにきて俄然実力が増してきたといいます。そのキッカケとなったのが2014年のソチオリンピックの後に、通訳もつけずに強行した2年間のオランダ留学でした。

 

現地オランダのプロスケートチームに小平奈緒選手単身で加わり、オリンピック金メダルを3個も保持する強豪選手だった”マリアンヌ・ティメル”・コーチの指導を受けてこれまでのフォームを大きく改良することに成功。

 

さらに、オリンピックで金メダルを獲得する超有名選手に囲まれた練習で、“金メダルを獲得する勝者の精神力”を身近に肌で体感します。そして通訳なしのスケートの本場オランダでの1人暮らしで、精神面が以前とは桁違いにタフになりました。小平奈緒選手を大学時代からこれまで指導してきた、コーチである”結城匡啓”(ゆうきまさひろ)氏も「力が抜けたというか、(自分で)コントロールできないことに力を使わなくなった」と小平奈緒選手の素晴らしい進化に驚きを見せています。

 

また小平奈緒選手自身も、「スケートが文化といわれるオランダに留学して、『本当に自分のやりたいスケートはこれなんだ!』というものが現在しっかり持てていて、「オリンピックやワールドカップも(国内)、トライアルでも、最速を目指す!ということでは大会名が変わるだけ。自分のマイペースを崩さず、ひたすら究極の滑りを磨くことに集中していきたい」と言い切っています。

 

まとめ

日本のスピードスケート選手がオリンピックで金メダルに輝いたのは1998年長野オリンピックで活躍した清水宏保選手だけです。スピードスケート女子個人では同じく長野オリンピックの岡崎朋美選手らが獲得した銅メダルのみ。地元長野県で育ち当時12歳だった小平奈緒選手は、1998年長野オリンピックで活躍した清水宏保選手と岡崎朋美選手の姿に憧れて、自分も絶対オリンピックで金メダルを獲りたい!とスピードスケートに本格的に取り組み始めました。小平奈緒選手は、「平昌は集大成ではなく、あくまで通過点!」と言い切ります。しかし小平奈緒選手にとっては2018年の平昌オリンピックが最後のオリンピックとなるかもしれません。日本の期待を背負い是非とも金メダルを獲得ほしいと思います。

進化を続ける超可愛い31歳はオリンピックで結果を残し、更なる進化を目指します。